キャリア教育を考える上で

学校教育はもっと個性を活かすべきです キャリア教育には独特の特徴があり、何を教えることなのかが世間一般の大人にとって今一つはっきりしていないということです。学校現場ではさまざまな教育があり、それと比較してみれば明確で、何を教えるのかが容易にはわかりにくいという難しさがあります。

キャリア教育とは、簡単にいえば、生涯にわたる自分のキャリアを自分で考えるようにするための教えです。学校段階で自分のキャリアを考える重要性を理解して、そのための方法を学び、学校を出てから自分で自分のキャリアを考えていけるようにするために必要なことを教えます。しかし、ここで問題になるのがキャリアという言葉の意味です。キャリアという言葉の意味のとらえにくさこそが、この教えを難しくしている所以でもあります。キャリアにはいろんな意味合いがあり、それは職業に限ったことではなく、自分の人生の中で何かがずっと続いている感じを発見するこにつながります。自分の職業や仕事をキャリアとして考えることは、生活費を稼ぐ手段だけでなく、人生全体という視点から考えることが必要です。これを理解しているかがまさに重要なポイントとなります。

おすすめ情報

Copyright (C)2018学校教育はもっと個性を活かすべきです.All rights reserved.