家庭での教育の重要性

学校教育はもっと個性を活かすべきです 家庭教育は、少子高齢化の進行、ライフスタイルの多様化、情報化の進展など、家族のあり方や子どもの育成環境が大きく変化する中で重要性が改めて問われてます。子供は生まれた瞬間から、保護者の影響を受けながら、すくすくと育っていきます。保護者自身の生まれ育った環境や受けてきた家庭や学校、人との関わりの中で培われてきた価値観が、子供の人格形成に大きく関わってきます。

家族のふれ合いを通して、子供が基本的な生活習慣や生活能力、人に対する信頼感、豊かな情操、他人に対する気遣いや心遣い、基本的倫理観、自尊心や自立心、社会的なマナーなどを身につけさせることが重要となります。家庭は子供の人格を形成する上で重要な役割を果たしてます。家庭教育は、家庭において行われるものでありながらも、地域社会や学校などからさまざまな影響を受けながら行われてます。行政には、家庭での教育の自主性を尊重しつつ、保護者が視野を広げ仲間作りを行えるように、学習の機会や情報を提供するなどの支援が求められます。

おすすめ情報

Copyright (C)2018学校教育はもっと個性を活かすべきです.All rights reserved.