シナプスを繋げる教育法を取り入れる

学校教育はもっと個性を活かすべきです 教育によって知識や経験が増えていくことになります。しかしただ単に増加するだけでは良い教育にはなりません。脳は適切な刺激を受けることでシナプスが働くようになり、高度に進化することでより複雑な回路が構築されていきます。TPOを理解して、この場面では何を優先するべきなのかを考えられるようになれば、人格形成の上でも大きな役割を果たすことが可能です。

教育とは少し高い場所から見渡すことに似ていて、周囲の状況や現状を把握することにもつながります。情報に溢れる現代社会の中で、何が自分にとってメリットとなるのかを知ることができれば、さらに便利で豊かな環境を作り上げることが出来ることでしょう。知っているかいないかにとらわれ過ぎてしまうと、シナプスを繋げるような回路を作ることが出来ずに、アレンジを加えたり工夫することが苦手になってしまいます。よく基本が大切だと言いますが、それに加えて応用で柔軟な思考を学ぶことはさらに必要となって来ます。

Copyright (C)2018学校教育はもっと個性を活かすべきです.All rights reserved.