教育学部以外の教職への道

学校教育はもっと個性を活かすべきです 教師になりたい場合には教育学部へ進むのが一般的です。小学校教諭は殆どの科目を教えなければいけないため教育学科へ進学しそれなりの知識を学ぶ必要があります。学部の中で自分の好きな科目を専門に選ぶ方法で専門分野も決めていきます。家庭科、体育、音楽などは別の先生が担当する場合もあります。

しかし教育学部へ進学する以外にも教員への道はあります。文学部や理学部などの専門分野の学科に進めば、教職に必要な単位を取得する事で教員免許が得られるからです。中学、高校の専門の科目であれば殆どの学科で取得できる大学が多いです。自分の学びたい専門分野が決まっていて、小学校の教師以外を目指す人は専門の科で学ぶ事も一つの手です。

とりあえず免許だけ取っておこうという人も、免許を取るためには実習を行うことが必須なので夏休みは実習で潰れるという事を覚悟しなければなりません。甘い考えを捨て、しっかりと学んで、知識を身につける事で教員への道は開けます。

Copyright (C)2018学校教育はもっと個性を活かすべきです.All rights reserved.