教育を受けるのは大切な機会

学校教育はもっと個性を活かすべきです 日本では義務教育の制度により、小学校中学校へは誰でもが通うことが出来ます。高校は、基本的には通う方が大半ですが、家庭の事情やご自身の将来の夢などの理由により、中学校卒業後働きに出るという道もありますし、実際にそうして活躍していらっしゃる方がいます。万が一高校に通わなかったとしても、試験により高校卒業と同等の資格を得ることも出来ます。したがって、その資格さえ得られれば小学校、中学校、大学という道を辿ることも可能だという結論になります。

教育は主要5科目以外に社会のことなども含まれます。ほぼほぼ全員の方が学生時代に体験学習を必ず1回はしたことがあるでしょう。それも将来のためになります。関心が薄いと時には億劫に感じてしまうこともあるかもしれませんが、その時にきちんと取り組むようにすれば将来きっとあの時頑張っておいて良かったと思える時が来ます。しかし、子供の時だとなかなかそうはいきません。ご両親や周りの方がご家庭でもしっかりと育ててあげて下さい。

Copyright (C)2018学校教育はもっと個性を活かすべきです.All rights reserved.